フルート吹きの平日~20代女子のぼやき~

フルート吹きの20代OLです。趣味のフルートのことや、20代ならではの気になることをどんどん発信していきます‼

フルートの息漏れは直すべきなのか

台風のせいで練習がなくなりました。

過去最大に台風に対する怒りが高まっています。

 

どうもくろすけです。

 

フルート初心者が必ずと言っていいほど悩むのが、息漏れをどうにかしたいというところだと思います。

 

息を吐いてもほとんど音にならずに、フルートの歌口から外へ漏れてまってかすかすな耳障りな息漏れ音になってしまいます。

フルート吹きとしては、当然この息漏れは改善すべきだと思うはずです。

 

でもちょっと待ってください。

 

あなたの息漏れは果たして改善するべき息漏れですか?

 

私なりの見解ですが、息漏れと一言で言っても音を薄くしてしまう息漏れと、音を豊かにしてくれる息漏れがあるんです。

 

プロの演奏を聴いたりすると少しわかりますが、純粋なフルートの音以外にも少しシャーシャーした音が聞こえます。これはいい息漏れです。

 

悪い息漏れといい息漏れの違いは、私の見解ではこうです。

 

・悪い息漏れは、息が横に広がっている。息の量が多すぎる。

・いい息漏れは、息が縦に広がっている。息の密度が大きい。

 

悪い息漏れは純粋に楽器が鳴っていないです。

楽器を演奏したときに、指に振動が来ますか?楽器がなっていない人って、楽器が振動していないことが多いです。

 

楽器が鳴っていない原因はいろいろあります。

アンブシュア、息の角度、息の量などなど

 

楽器を吹くときに、自分が吐いた息が唇のどこから出て、楽器のどこに当たっているのかを意識しながら演奏してください。

 

ちゃんと歌口の中央に息が入っていますか?

 

歯並びによっては、必ずしも唇の中央から息が出ているわけではありません。

きちんと歌口と唇のあなが一致するようにしてください。

 

歌口と唇の穴の位置が一致したからいいかというとそういうわけではありません。

個人差がありますが、息がまっすぐに出ていない場合があります。

 

私はそうなのですが、息が斜め方向にいっちゃいます。

自分の息の方向をしっかり把握しましょう。

角度も忘れずに色々変えてみてください。

 

さて、それでもきれいに音が出ない場合は、自分で意識して唇の形を変えてみてください。私はこれでいいアンブシュアを探しました。

 

ちなみに、倍音の練習を使うと自然と息を上に持っていきやすいので倍音を使って音を探すのがおすすめです。

倍音の練習はいいこといっぱい! - フルート吹きの平日

 

アンブシュアはフルートの音色を決める重要な要素なので、できればプロの方に見てもらったほうがいいです。変な癖がつく前に。

 

いい息漏れに関しては、経験を積むとすこしずつわかってきます。

私の場合は、口を縦に開き(同時に上下の歯もあけます)、上唇に息を持っていくイメージで演奏すると出せるようになりました。

 

音色の研究をするときは、自分の音を録画したり、友達や先生に聞いてもらって意見をもらうのをおすすめします。間違った方向に音作りをしてしまうと、時間の無駄ですし、変な癖がついてしまう可能性があります。