フルート吹きの平日~20代女子のぼやき~

フルート吹きの20代OLです。趣味のフルートのことや、20代ならではの気になることをどんどん発信していきます‼

吹奏楽|音階練習が神過ぎる

今日は調子がいいので、どんどん記事を更新しちゃっています。

 

どうも、くろすけです。

 

前回の記事で、音程をよくするには音階練習をしようといったようなことを書きました!

フルートの音程が合わないと悩んでいる方へ - フルート吹きの平日

 

皆さん!音階練習をなめていませんか?

 

音階練習って実際シンプルなので、作業的にやってしまっている人も多いと思うんです。(私だけかな)

 

でもでも、ちゃんと音階練習をするとどうなるかというと、

・音程がよくなる

・音色がきれいになる

・低音が出るようになる

 

私は音階練習で、いくつもの悩みを解決してきました。

 

そこでm前回の記事で紹介するだけじゃもったいない!

と思い、音階練習のやり方や注意すべきポイントを解説していきたいと思います。

 

 

1.音階練習のやり方

音階練習といっても、人によって練習方法は様々だと思います。

今回は、私がやっている音階練習のやり方を紹介します。

 

スケールとアルペッジョが組み合わさった練習になっていて、それぞれ二回ずつなので、タンギングとスラーで演奏します。

音域は3オクターブで、すべての音域が網羅できます。

これを全部の調でやります。

 

2.音程に気を付けよう

最初に吹く音が主音になるわけですが、低音域なので低くなりやすいです。

最初はいいですが、戻ってきたときに特に低くなってしまうので、音程を高めにとるようにしましょう

 

低音が低くならないようにしたら、今度は中音域の音がぶら下がらないようにしましょう。中音域って低くなりやすいんですよね。頑張って高めにとりましょう。

 

3.全ての音の質を均等にしよう

全部の音域を網羅しているので、吹きづらい音域が出てくるはずです。

そこで、すべての音を同じ音色でふけるようにしましょう

 

これってかなり難しいですよね。

私は低音が苦手なので、どうしても低音がかっさかさになったり、音が消えてしまったりします。

 

低音は息のスピードが速すぎるとひっくり返るので、低音域になるにつれてスピードをゆるめていってください。

 

4.アンブシュアを変えない

昔の私はそうだったんですが、音域によってアンブシュアや息の方向を変えていたんです。

音域によって、自分が吹きやすいポイントが変わっていたので、無意識にそうしていたんだと思います。

 

しかーし、そうしてしまうと速いパッセージになると唇の調整が追い付かなくなるので、息の方向は変えずに全ての音域を演奏できるようにと言われました。

 

音域によって唇の形や息の方向を変えていたので、私は跳躍(低い音からいきなり高い音を吹いたり、高い音からいきなり低い音を吹くこと)が苦手でした。

 

唇の形をいちいち変えていたわけですから。

 

でも、全ての音域を同じ唇の形と息の方向で演奏するようにしたら、簡単に跳躍がふけるようになりましたよ。

 

5.まとめ

さて、音階練習で気を付けるポイントを紹介しました。

今回は音作りに焦点を当てていたので、いつかテクニック的な観点で音階練習を解説してみたいなと思っています。

 

シンプルなのに奥が深い!音階練習を是非皆さんも試してみてはいかがでしょう。