フルート吹きの平日~20代女子のぼやき~

フルート吹きの20代OLです。趣味のフルートのことや、20代ならではの気になることをどんどん発信していきます‼

吹奏楽|新しくパートリーダーになった皆さんへ

どうも、くろすけです。

 

楽器を長くやっていると、自然とパートリーダーに任命されるチャンスって増えていきます。

私は通算で3年パートリーダーを経験しました。

 

パートリーダーって何をする役割があると思いますか?

もちろん、パートの練習を仕切ったり、意見を取りまとめたりする役割です。

 

でも、それだけですか?

 パートのみんなが気持ちよく演奏するために気を配るのもパートリーダーの大事な役割だと思います。

 

パートリーダーめんどくせぇ。

 

って思いましたか?

必ずしもパートリーダーがやらなくても、先輩方中心に気を配ればいいのですが、パート全体が見渡せる位置にあるパートリーダーの方が適任です。

 

例えば、他の子とレベルの差で悩んでいる子がいるとします。

あなただったらどうしますか?

 

いろいろとできることがあると思いませんか?

アドバイスをするのもそうですが、練習を見てあげたり、なんで上手にならないのかを一緒に考えてあげるべきですね。

練習時間が足りなくて上手にならないのなら、話し合ってどうしてあまり練習ができないのかを聞いてみたりすることができます。

 

合奏で先生にひどく怒られてしまった子がいたとしたら?

これも練習を見てあげたり、なんで怒られてしまったのかを一緒に考えることができます。

酷く落ち込んでいる様子だったら、話を聞いてあげたり、ご飯に連れて行ってあげるといいかもしれませんね。

 

ここまでできるパートリーダーって実はあまりいません。

パートのメンバーをよく観察していないと行動できないからです。

 

気を配る場面ってたくさんあります。

毎日厳しい練習をしていたら、体調を崩してしまう子がいたり、練習が憂鬱になってしまう子がいたりします。

こういうのってよくよく観察しないと気づけません。

 

正直に体調が悪いとか、練習が嫌になったとかっていえばいいのですが、後輩が遠慮なくこういったことが言える環境を作っていますか?

 

パートリーダーは楽器が上手であれば務まるというものではありません。

逆に楽器のレベルは普通でも、周りをみてメンバーのために行動できる人の方が評価されると思います。

 

そういったパートリーダーさんが増えると、部活を辞めていってしまう人も減ります。

私は、3回目にパートリーダーになったときにパート内から退部者を0にしました

 

自慢ではありませんが、2回目までで経験したことを活かした結果です。

2回目のパートリーダーをやっているまでは、私はダメダメパートリーダーだったのです。

ほかのメンバーが無理をしているのに気づけず、結局やめさせてしまいました。

 

そんなこんなで何回もパートリーダーを経験しているからこそ、気を配ることの大切さを痛感しているのです。

 

パートリーダーになって、自信がないという人は、ぜひ周りを見てみてください。