フルート吹きの平日~20代女子のぼやき~

フルート吹きの20代OLです。趣味のフルートのことや、20代ならではの気になることをどんどん発信していきます‼

2018年9月の祝日は?

こんにちは。

少しずつ涼しくなってきましたね。 8月も早いものでもう後半ですね。

9月にはどのくらい休みがあるのか気になる人もいるのではないですか?

この記事では、9月の行事とその由来をご紹介します。

 

2018年9月の祝日は?

9月は2つの祝日があります。

敬老の日(9月の第3月曜日) ・秋分の日(9月22日~24日のいずれか1日)

2018年9月はそれぞれいつになるのかというと

敬老の日は9月17日(月)、 秋分の日は9月23日(日)となり、振り替えて24日(月)も祝日となります。

どちらも月曜日となり、3連休が2回あることに歓喜です。

 

敬老の日の由来は?

敬老の日に皆さんは何をしていますか? 子供たちはおばあちゃんやおじいちゃんへプレゼントをしたり、 大人たちは家族そろって食事にでかけたりするのではないですか?

敬老の日は、

    「長年にわたって社会に貢献してきた老人を敬愛し、長寿を祝いましょう」

という趣旨で定められました。

敬老の日の起源については諸説あり、 現在でも正確にはわかっていません。

現在の敬老の日がいつからあるのかというと、 1947年9月15日に、兵庫県多可郡野間谷村で「敬老会」が開催されたのがきっかけだそう。

農業が比較的落ち着いていて、天気もよいことから9月中旬に行われ、 「老人を大切にして、年寄りの知恵を借りて村づくりをしよう」 という趣旨で開催されていたそうです。

当時の趣旨は、現在とあまりかわりありませんね。 年寄りの知恵というのは、本当に頼りになりますよね。

それ以降はずっと9月15日を敬老の日としていましたが、 2001年にハッピーマンデー制度のが施行されたことにより、 9月の第3月曜日が敬老の日になりました。

私たちも、年配の方をより大切にしないといけないですね。

 

秋分の日の由来は?

秋分の日って言われてもなんの日かご存知ですか?

昼と夜の長さがほぼ同じになるって言われていて、 私もそれ以外は知りませんでした。

昼夜の長さがほぼ等しくなる現象のことを「秋分」と言い、 これは国立天文台が作成する「歴象年表」に基づいて、いつになるのか決まるのだそうですよ。

また、秋分の日は 秋の彼岸の中日でもあり、 「祖先を敬い、亡くなった人をしのぶ日」とされています。

秋の彼岸は、秋分の日をはさみ前後3日間を指します。 この時期にはお墓参りにいきましょう。

ちなみに、敬老の日は ハッピーマンデーの施行で第3月曜日になりましたね。

しかし、秋分の日はハッピーマンデーは適用されません。 その結果何が起こるかというと、敬老の日秋分の日が連続する可能性があるということです。

これはうれしいですね。

また、敬老の日が月曜日で、秋分の日が水曜日だった場合、 火曜日は国民の休日となり、 土日と合わせると5連休になります。これはすごい!

皆さんもう経験済みでわかると思いますが、 これが

    「シルバーウィーク」

です。

このケースは非常にまれで、 いままでに2009年か2015年の2回だけしか発生していません。

今年は残念ながら、シルバーウィークはありません。(とほほ)

次にシルバーウィークが訪れるのは2032年だそうですよ。遠いですね。

ちなみに、5連休にはなりませんが、 敬老の日秋分の日が連続し、4連休になるケースだと、 2020年に発生するそうですよ!

 

老人や先祖をいたわろう

さて、いかがでしたか。 9月は老人や先祖を大切にしようという趣旨の祝日がありました。 皆さん、もう具体的何をするか決めましたか?

是非、日ごろの感謝を伝えてくださいね。