フルート吹きの平日~20代女子のぼやき~

フルート吹きの20代OLです。趣味のフルートのことや、20代ならではの気になることをどんどん発信していきます‼

足がどんどん速くなる方法!簡単!一週間で効果は出る

運動会の季節が迫ってきました。 そろそろ小学校や中学校では運動会に向けた練習の風景が見られる頃です。 足が速い子にとっては最大の見せ場となるのが、かけっこやリレーですね。 足が速い男の子なんてモテたものです。

一方で足が遅い子にとっては、苦痛そのものですよね。 走ってるうちに他の子に追い抜かれて恥をかいたりしないか・・・とか、 転んでけがしないかな・・・とか あれこれ考えているうちに走るのが怖くなっちゃたりします。 お父さん、お母さんも子供たちが苦しむのを見たくありませんものね。

でも、ご安心ください。 ごくごく簡単な練習方法ですぐに足が速くなります。 文化部で、運動するのは体育の授業だけだったにもかかわらず、 一日10分ほどの練習で 50メートル走8秒台の記録を出したコツをお教えしちゃいます。

1.砂浜で思いっきりダッシュ

これは結構効果があります。 砂浜といっても、 砂が固くなって歩きやすくなったところじゃないですよ! 砂が積もった歩きづらいところを思いっきり走ってみましょう。 砂浜を歩いていると足がどんどん沈んで行ってしまって 歩きづらいなあ・・・ なんて思った経験がある方は多いのではないでしょうか。 まさにそれを利用した練習方法です。

あえて走りづらいところを走ることで、 地上では楽に、しかも早く走れるようになっちゃいますよ

私が実践しているときは、 特に意識せずにひたすら走っていただけですが、 実はいろいろなうれしい効果が期待できちゃうんです。

腸腰筋の強化 腸腰筋とは、腸と腰に関係している筋肉です。 って、そのままですね。 インナーマッスルという言葉を聞いたことがある方も多いと思いますが、 腸腰筋は腰回りのインナーマッスルという認識です。 ここを鍛えることで、猫背が治ったり、ウエストが引き締まったりと とくに女性にうれしい効果が期待できるとか

・普段使っていない筋肉を動かす 地上を走っていると、いつも決まった部分を動かすことになります。 しかし、砂浜で走ると普段とは違う筋肉を動かすことになるんだそう。 まんべんなく筋肉を使うことができるため、 砂浜を走った後に地上を走ると、楽に走れる感じがするんですね。

2.軽く走ってダッシュ、軽く走ってダッシュを繰り返す

これは私が実際に父から教えてもらった方法です。 毎朝この方法を実践した結果、50メートル8秒台の記録を出すことができました。

この方法を実践するときはある程度の距離が必要なので、 安全な場所で、20メートルほどの距離が確保できる場所で試してみてください。 実践する前には、準備体操を忘れずに!

1.無理のないスピードで20メートルの距離を走る。 2.ゴールにたどり着いたら折り返して、スタート地点に向かって全力でダッシュ

1と2をある程度繰り返します。 これはインターバルトレーニングといって 有酸素運動無酸素運動を交互に行っています。 そうすることで心肺機能とスピード両方の面から鍛えることができます。

無理なくトレーニングを

ここまで足が速くなる練習方法をお教えしましたが、 一番大切なのは、楽しんで走ることです。 練習がハードで走るのが苦痛になっちゃったり、 体を壊してしまっては本末転倒です。 私は、上記の練習を短時間で、毎日コツコツ行いました。 皆さんも、自分に合ったペースで練習して、本番でよい結果が出せるようにしましょう。