フルート吹きの平日~20代女子のぼやき~

フルート吹きの20代OLです。趣味のフルートのことや、20代ならではの気になることをどんどん発信していきます‼

吹奏楽の楽器って何?フルートの華麗な音色の秘密

吹奏楽の楽器を紹介!フルート編

吹奏楽の演奏を聴いていると、小鳥のようなかわいらしい音色が聞こえてきます。 演奏している風景を見ても、ほかの楽器とは違い、 横に構えて演奏している姿が目に入ります。

これがフルートです。

フルートは吹奏楽の楽器の中でも、高音域を担当し、 主にメロディーを演奏します。 静かな場面では、優雅なソロが与えていたりしますので、 吹奏楽では大活躍の楽器です。

この記事では、そんなフルートについてご紹介します。

1.フルートは木管楽器!?

フルートは金属でできているし、金管楽器では?!

そう思う方が多いと思います。

しかし、フルートは木管楽器です。

現在、フルートの素材としてよく使われているのは、銀や金、洋銀などなので、 ほんとに木管楽器なのか?って思っちゃいますよね。

では、なぜフルートは木管楽器に属しているのでしょうか? もともとは木でできていましたし、その名残なのでは?

そのカギは、木管楽器の定義にあります。 木管楽器とは木でできている楽器のことを指すのではなく、

発音するときに唇を振動させないものを指します。

金管楽器が、まさに唇を振動させて音を発音しますので、 木管楽器は、金管楽器以外ということになりますね。(笑)

木管楽器の定義については諸説ありますので、それは別の記事にてご紹介します。

フルートは、ほかの楽器のように、直接楽器に息を吹いて演奏するのではありません。 楽器の唄口(唇を当てる部分にある穴)に向かって息を吹き、 その息が楽器全体へ行き渡り、こんどは、その息が反射して唄口に戻ってきます。 吹き込んだ息と、反射した息がぶつかり、唄口付近に空気を震わせる波ができて、 音に代わるという仕組みです。

難しいですね。。。

2.フルートは難しいの?

もちろん、楽器には向き不向きがあるので、個人差はあります。 しかし、フルートは吹奏楽の楽器の中では 比較的簡単なほうだといえます。

それは、最初の音の出やすさにあります。 一度コツをつかんでしまえば、すぐにある程度の音はふけるようになります。

まあ、きれいな音が出るようになるには時間がかかりますけどね。

さらに、フルートはC管といって、 ピアノと同じ音がでるのです。

???

安心してください。 何言っているかわからない人が多いと思いますが、 楽器の中では、ピアノの「ド」が「ド」ではない楽器もあるのです。 フルートで「ド」を演奏したら、ピアノの「ド」と同じ音程が出るということです。

詳しくはまた別の記事でご説明します。

ピアノと同じ音程が出るということは、 普段聞きなれている音程で演奏できるということです。

これは、音を読み替える必要がない分、ほかの楽器より簡単だといえます。

3.フルートのよいところ

・メロディー吹き放題!

フルートのよいところは、とにかくおいしいということ!

おいしいといっても味がとかではないですよ(わかっとるわっていうツッコミが聞こえます)

何度も言っている通り、フルートはメロディーを担当します。 なので、吹いていて楽しいのです。 また、高音を担当するので目立つことが多いです。

・掃除が楽

楽かどうかは、人にもよりますが、 管が一直線のため、シンプルに掃除ができます。 大きな金管楽器のように、水を通して掃除することもしないので(というか、水にぬらしてはいけない!) 掃除はあっという間に終わります。 めんどくさがりにはうってつけの楽器です。

・持ち運びが楽

これにつきます! ほかの大きい楽器を見ると、絶対に言われますよ

フルートみたいに軽い楽器にすればよかったー!!!

吹奏楽をやっていると、外で演奏する機会が多いので、 持ち運びの楽さは重要です。

4.フルートの大変なところ

フルートの大変なところは、

息が半分以上漏れて、全部が音にならないところ!

音が出る仕組みを見てもわかる通り、 フルートは、吹いた息が全て管に入っていくわけではないので、 音を出すのに、結構な息を使います。

最初は、練習した後に酸欠になって、フラフラするのが常です。 これは、多くの人が通る道なので覚悟しましょう。

華麗な音の裏側には、結構な努力があります。

フルートはいいところがいっぱいの楽器!

いかがでしょうか。 フルートの魅力を感じていただけましたか?

フルートは、大変なところもありますが、

いいところがいっぱいのおいしい楽器です。

これだけでは魅力を語りつくせないので、 興味がある方は、ほかの記事も見て行っていただけたらと思います。

 

フルート吹きの性格はこちら